「とめよう改憲!おおさかネットワーク」主催で「秋の憲法集会」を開催

「とめよう改憲!おおさかネットワーク」主催で「秋の憲法集会」を開催

11月26日(土)午後1時半開場「秋の憲法集会」2016-11を開催

 安倍政権は、参院選の結果衆参両院で改憲勢力が3分の2を超えたことに勢いを得て、明文改憲を虎視眈々と狙っています。

こうした情況下、以下の日程・内容で憲法の危機に憂慮する大阪の市民団体で結成した「とめよう改憲!おおさかネットワーク」主催で「秋の憲法

集会」を開催いたします。

■11月26日(土)午後1時半開場―2時開始

「2016秋の憲法集会―武力で平和はつくれない!憲法改悪をとめよう!」

■場所:国労大阪会館(JR環状線・天満/地下鉄・扇町下車すぐ)

■資料代 1000円(学生以下半額・介護者無料)  ※同額チケットも用意しております。

■主催:とめよう改憲!大阪ネットワーク

内容としては、TVのコメンテイターとしても活躍中の青木理

(あおき・おさむ ジャーナリスト)さんに「安倍改憲と日本会議の正体」

という題目での講演をお願いしており、また関西での闘いの報告として◆子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会 相可

文代さん 【道徳の教科化が意味するもの―戦争をする国の愛国兵士の育成を許すな!】◆新聞うずみ火 矢野宏さん  【安倍政権の『壊憲暴走』を支えるメディア】◆「ピーおおさか」の危機を考える連絡会 井上淳さん【「ピースおおさか」リニューアル裁判について】と3名の方にお願いし、そして会場からの質問を受ける中で反改憲の闘いの展望を見出したいと思います。

ぜひ多くの皆さんのご参加をお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です