11・26秋の憲法集会ー「安倍改憲と日本会議の正体」青木 理さん講演会・・・盛況終了

11・26秋の憲法集会ー「安倍改憲と日本会議の正体」青木 理さん講演会・・・盛況終了

11・26秋の憲法集会ー「安倍改憲と日本会議の正体」青木 理さん講演会・・・盛況終了

11月26日の集会は、200人を超12-26%e8%ac%9b%e6%bc%94える参加者があり、盛況の内に終了しました。
イスが並べ切れませんでしたが、ご協力ありがとうございました。
青木理さんの講演は、インタビュー含め90分たっぷりあり、「話ベタ」という当人の弁にもかかわらず、私たちは青木さんの話に堪能しました。
 ・
最初に「今取り掛かっている著書」の話があり、それは安倍一族の話で・・・なーんだと思いきや意外にも安倍晋三の直接の祖父は、戦中の翼賛選挙において孤塁を守り、希少な「反戦政治家」として名をはせた安倍寛という人物・・・というところから始まり、興味津々。
 ・
 また、会場からの質問用紙は50枚を超え、すべてを青木さんに投げかけることはできませんでしたが、聞きたい話はしていただいたと思います。
 ・
マスコミにたいする右翼的な圧力は実際に大きく、南スーダンで自衛隊員に死者が出た場合の礼賛報道の有り様を想定すると、とてもあがらえない事態を想像する・・・という話で終わりましたが、そこからは私たちの課題でありましょう。
講演後現在進行形で大阪での日本会議の動きに抗する4人の方からの熱いアピールもいただきました。
ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です